情報の箱

2022年の生産緑地問題

 都市化が迫っていて、周りにアパートや住宅が、囲んでいる農地を見ることがあると思います。30年間の営農を選択し、農業を続けることで、税金の優遇を受けている市街化区域内農地を生産緑地と言います。来年30年の期限が明けて、農地を10年続けるか、農家を辞めて
宅地として利用していくかの決断を農家は迫られています。
DSC_0233.JPG-1.JPG

DSC_0228.JPG-1.JPG
生産緑地の表示杭
京都市西京区大原野は市街化調整区域内農地では、農家同士しか売買されませんし、一般には値段も付きません。ですが長岡京市や向日市の農地は生産緑地が多く、町の発展を感じられ、都市が新住民には人気です。
 生産緑地の解除には、農家資格者の要件があり、当社ではいろいろ相談を受ける中、資格者の有効期限は死後3年あることが分かりました。農家を辞めずに、売却や有効利用できる場合があります。是非ご相談ください。


若井不動産(株) 免許番号:京都府知事(11) 第5902号
〒600-8812  京都市下京区中堂寺北町19
TEL:075-312-0600(代) FAX:075-322-1119
このサイト内コンテンツの転載につきましては管理者へお問い合わせ下さい