京都・TOWN情報

壬生寺のだるまさん

節分には近くの壬生さんがちょうどいい、毎年行くと同じ場所に同じ露店、代わり映えしないと思っていると、それが案外いろいろと時代の移り代わりが見られるので、面白い。水掛地蔵さんのそばの池に今年は龍が出現、食べるものも、売っているキャラクターにも新しいスターが大流行り。
でも変わらぬ売り物は起き上がりだるまと「ほうらく」、壬生狂言で使う「ほうらく」には家族の名前と年齢それに「家内安全」と書き添える。舞台から落とすと見事ばらばらで、そしてまたリサイクルされる。

mini_120207_1002.jpg

mini_120204_1126.jpg
池の中に現れた龍、立看板は100円払わないと見えない。
mini_120204_1127.jpg
道路での露天は終了していたが、4日の土曜日、暖かい日中に人出も多い。
ここ2,3日夜の冷え込みが厳しかったからだろう。


若井不動産(株) 免許番号:京都府知事(9) 第5902号
〒600-8812  京都市下京区中堂寺北町19
TEL:075-312-0600(代) FAX:075-322-1119
このサイト内コンテンツの転載につきましては管理者へお問い合わせ下さい